テクニツク 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法 倉崎勉 練習 コツ

ギター(エレキ)のテクニツク

ギター(エレキ)のテクニックはも色々ありますが、どれも奥が深いものですね。
例えば、ハンマリングオンというのがありますが、これはある音を右手でピッキングした後に、次の音を左手で叩いて音を出すギターテクニックで、弦をアタックする指の面積が小さいほどはっきりとした音がします。

 

 

これとは逆の動作で、左手で押さえている指で弦を引っ掛けて音を出すギターテクニックがプリングオフで、弦を引っ掛けすぎないようにすることが大切です。
更に、ハンマリングオンとプリングオフはセットで弾かれることもあります。そして、この2つを繰り返す奏法をドリルと呼ばれています。

 

 

その他にも、スライド、グリッサンド、チョーキングなどがあります。
スライドとは、ピッキング後に、次の音まで指を滑らせるテクニックです。
特に、2音間をスムーズに繋げる時や、左手のポジションを移動などに使い、表記は「S」となり、単音だけでなく複数音スライドさせることもあります。

 

 

グリッサンドは、ピッキング後に左手で弦を押さえたままフレット上を滑らせる奏法になり、スライドほぼ同じテクニックになります。
ただ、明確な違いがあり、スライドは指定された2音間を滑らせるのに対し、グリッサンドは1音のみの指定になります。
したがって、始まりと終わらせるところは、演奏者に委ねられるています。

 

 

チョーキングとは、弦を押し上げたり押し下げて音程を変えるテクニックになり、1〜4弦は、押さえている弦を上に持ちあげ、5〜6弦は反対に押し下げて音程を主に変えます。
行う時には、指1本ではなく他の指も添えて補助して行うと良いですね。加えて、親指を支点にして手首を回すようにして、指先の力に頼らないようにしましょう。

 

 

なお、エレキギターを始めたばかりの初心者の方は、テクニックというとは難しく感じるかもしれませんが、この倉崎勉さんの最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法なら、楽しく習得でき、上手くなっているか分からない練習よりも、目に見えて自分でレベルアップしていることが実感できるでしょう。

 

最短で各テクニックをマスターし、1曲弾けるようになるエレキギターの習得法とは!?

 

最短距離でエレキギターが上達する方法の詳細を見てみる

 

page top