手のフォーム 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法 倉崎勉 練習 コツ

手のフォーム

エレキギターの手のフォームがしっかり出来ていますか?
チューニング、セッティングが出来たら実践練習に入りましょう。

 

 

そして、左手のフォームには、ロックとクラシックの2種類のフォームがあり、基本はロックフォームで、親指でネックを軽く握り込みます。この時に気をつけたいのが、あまり手のひらをネックの裏側にくっつけてしまうと力が入りにくくなります。

 

 

一方のクラシックフォームは、バレーコードや速いフレーズを弾く時に使い、演奏中に両方のフォームを使い分けるようにすると良いでしょう。

 

 

また、弦を押さえる時のコツとしては、指先の腹のやや上の部分を立てて、フレットのすぐ隣を押さえるようにすれば綺麗な音が鳴ります。
ですが、フレット間の真ん中当たりを押さえたり、指が寝てしまうとうまく音が出ません。
更に、フレットの弦を移動する際は指をバタつかせないようにしましょう。

 

 

そして、1本の弦を弾くことをピッキングと言い、右手にピックを持ち、弦に対して上から下に弾くことをダウンピッキング、逆にしたから上に弾くことをアップピッキングと言います。
この両方を交互に繰り返すことをオルタネイトピッキングと呼び、音の粒がそろうようにすることが大切です。

 

 

ですが、どうしても初めはアップピッキングが弱くなりがちになるので、上下が同じようなバランスで弾けるように練習しましょう。

 

 

ギター歴1年の友達を、わずか2週間で追いぬけた方法

 

最短距離でエレキギターが上達する方法の詳細を見てみる

 

page top