エレキギターの弾き方(右手)

エレキギターを滑らかに弾くことが出来ていますか?
エレキの弾き方には指で弾く場合とピックを使う2通りがありますね。

 

 

どちらを使うかは、自分の好みもあるでしょうが、曲の雰囲気などに合わせて使い分けるのが良いでしょう。
ピックを使う場合は、鋭い音を出すことが出来るので、ロック系のスピードがある曲などを弾く時にピックを使った奏法が向いています。

 

 

ピックには、様々な種類があり、形状や厚みなどでも弾きやすさがずいぶん違ってくるものです。そして、ピッキングのフォームは、基本的に親指と人差し指でつまむように持ち、親指に対してピック先端が直角に5mm程度出るようにします。そして、弦に対して水平か、やや下からピックを当てるようにします。

 

 

肩に力を入れないようにして、手首から先を動かすようなイメージでピッキングすると良いでしょう。
また、ピッキングには、上から下に弾くダウンとその逆のアップピッキングがあります。
大抵は、ダウンで行いますが、フレーズが速い場合などは、オイタネイトピッキングと言って、ダウンとアップを交互に弾きます。

 

 

一方のエレキギターを指で弾く場合は、右手の指を使って弾くことをフィンガーピッキングとも言い、使う指は主に中指と人差し指を使い、柔らかい深みのある音が出せるので、全てのジャンルの曲に幅広く使われます。

 

 

フィンガーピッキングのフォームは、1〜3弦を弾く時は、右手の親指を4弦の上に支えとして置き、4弦を弾く時はそれを離します。全体的に、手首を前に出し、手のひらに隙間を作るようにします。

 

 

エレキギターの弾き方も、基本的にはクラシックギターと変わりません。指の腹を弦に当てて、下から上に向かって弦を掻き上げるようにして弾きます。

 

 

なお、この倉崎勉さんの最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法では、激しいギター演奏に欠かせない運指の秘訣をお伝えします。この方法で、指が太いとか短いとかは関係なく、どんなハイレベルなテクニックでもあっさりこなせる演奏技術を手に入れることが出来ます。

 

アドリブやソロ演奏にも使える、なめらかに動かす指運びの秘訣とは!?

 

最短距離でエレキギターが上達する方法の詳細を見てみる